SEO対策の内部要素は、具体的にはホームページの作成方法に関わることという事になります。
ホームページの作成に関わることなら、自分でいくらでも左右できることになりますから、しっかりと押さえられる部分といえますね。
もちろん、自分ですべて左右できる部分だからこそ、スパムには気を付けなければならず、やりすぎてスパムページになってしまったら意味がありません。
スパムには十分注意しながら行なうようにしましょう。
さて、そのSEO対策の内部要素ですが、まずはキーワードを選ぶことから始めます。
このキーワードとは何かというと、検索エンジンのユーザーは、まず何よりも検索窓にキーワードを打ち込んで検索をしますが、自分のウェブサイトは一体どのようなキーワードで引っかかるようにしたいかという事を明確に持つという事です。
このキーワードの選定、実はとても重要なもので、広すぎる意味を持つキーワードを使ってSEO対策を行なっても駄目だし、検索する時に思い浮かびにくいキーワードを使っても駄目です。
ですから、どのキーワードを選ぶかという事はいくつかの手法から選んでいくことになります。